強制保険とは..

強制保険
強制保険とは、自動車の使用者に対して、加入が義務付けられている保険であり、自動車損害賠償責任保険(自賠責、自賠)や自賠責共済のこと。

万一のとき、被害者や遺族に対して、最低限の賠償金を確保するための制度である。

保険料は車種(車やオートバイの排気量や用途)と保険期間によって定められており、検査対象車種では自動車の登録又は車検の際に、車検満了日までの期間を満たす保険期間での加入が義務付けられている。

支払限度額は、被害者の死亡および重度の後遺障害のとき、最高3,000万円、その他の傷害のとき、最高120万円である。

Wikipediaより

自動車保険に関する本の紹介

後遺障害にも絶対負けない!交通事故損害賠償請求バイブル (単行本)
柳原 三佳 (著), 北原 浩一 (著)

商品の説明

重度後遺障害者裁判の実例から、損保会社との闘い方がわかる。「自賠責3級以下なら介護料は請求できない」はウソである。慰謝料、逸失利益、休業損害、介護料、住宅改造費…ここまで請求できる。支払い結果に不満があれば、何度でも異議申立てできる。

交通事故問題に強い弁護士の選び方がわかる、ほか、上申書の書き方、弁護士との付き合い方など、他の本にはないノウハウを集約。

後遺障害者が泣き寝入りせずに損害賠償を100%勝ちとる本! 保険会社は教えてくれない、弁護士すら知らない。信頼できる弁護士の選び方から賠償請求裁判の闘い方まで、被害者家族が人生を取り戻すための決定版ガイド。

Amazoneより


タグ:強制保険
posted by 保険坊主 at 10:37 | 強制保険と任意保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。